高級マンションで快適な暮らしを過ごす|豪華な生活の実現

集合住宅

初期費用

部屋

賃貸物件契約時の費用を抑えるために

賃貸物件を借りる契約を交わすにあたっては、毎月の家賃とは別に、契約時に支払うことになる初期費用と呼ばれる費用を支払うことになるのが一般的です。この初期費用の内訳としては、敷金と礼金並びに家賃の前払い金、そして不動産仲介業者を利用して契約を交わした場合、仲介手数料という費用を支払うことになります。これらの出費はいわゆる定額が決まっている出費ではなく、契約を交わす賃貸物件の家賃換算での支払いをすることになるケースが多くなっており、それぞれ家賃一か月分から二か月分ほどの支払いとなります。つまり、家賃5万円の賃貸物件を借りる際には、初期費用として20万円から40万円ほどの費用が必要となってくるのです。ただし、これらの費用は0円での契約が可能な賃貸物件も数多くある点は覚えておきたいポイントとなっています。契約時の出費をおさえたいのであれば、敷金礼金0の物件などを積極的に探していくのがオススメとなっているのです。

敷金礼金0で浮かせることが可能な費用相場

敷金礼金0の物件を探すことで浮かせることが可能な費用としては、先にも挙げたようにそれぞれ家賃の一か月分から二か月分ほどの支払いとなるため、家賃の二か月分から四か月分ほどの出費の節約へと繋がることになります。ただし、礼金と違って敷金は、基本的に退却時に返還してもらうことが可能な費用となっているため、敷金礼金0の物件を探すよりも、礼金0の物件を探す方がオススメとなってはいます。これは、その方が対象物件が増えるためであり、また一時預け金である敷金を納めておいた方が、退去時や家賃の滞納時など、いざという時に緊急の出費をしないで済むケースが多くなっているためです。そのため初期費用を抑えるためのより理想的なパターンとしては、敷金礼金0ではなく、礼金仲介手数料0円の物件を探していくのが理想的になっていることは覚えておくといいでしょう。